災害への備え

災害はいつ襲ってくるかわかりません。もしものときのために、必要な準備をしておきましょう。大垣市が発行している「防災ガイドブック」にも必要な情報が掲載されていますので、しっかり読んでおきましょう。

非常持出し品の準備をしておきましょう

避難所へ避難するときや、自宅付近で救助を待つ間に必要となる物資を準備しておきましょう。「防災ガイドブック」も持ち出しやすい場所に置いておきましょう。

非常持出し品は、両手の空くリュックサックに入れておくと便利です。家族1人1つのリュックサックを用意し、それぞれが持出しやすい場所に分散して保管しておきましょう。また、荷物が多すぎると避難行動に支障が出るので、重すぎる場合は減らしましょう。

リュックサックなどに入れておくもの

  • 携帯ラジオ
  • 非常食(乾パンなど軽いものがよい)
  • 保存水
  • 懐中電灯
  • 生活用品(ライター、ナイフ、缶切り、ティッシュペーパー、ビニール袋など)
  • ろうそく(太くて安定のよいものがよい)
  • 衣類(下着、上着、靴下、ハンカチ、タオルなど)
  • 救急薬品(ばんそうこう、ガーゼ、包帯、三角巾、消毒薬、解熱剤、胃腸薬、かぜ薬、鎮痛剤、目薬、とげ抜きなど)

家族構成によって必要となるもの

  • 粉ミルク
  • 紙おむつ
  • 生理用品
  • 常備薬(持病のある方は忘れずに)
  • 高齢者や障がいのある方のための準備品(介護用品など)

避難時の必需品

  • 現金(紙幣だけでなく硬貨も)
  • 雨具(カッパ)
  • 手袋
  • ヘルメット(防災ずきん)
  • 貴重品(預金通帳、健康保険証、免許証、住所録のコピーなど)

あると便利なもの

  • 毛布、寝袋
  • カセットコンロ
  • 使い捨てカイロ
  • 割りばし
  • 床に敷くシート

避難先、避難ルートを確認しておきましょう

安全な避難先とルートを、平時から家族や地域で確認しておきましょう。避難先は必ずしも市が準備した避難所である必要はありません。親戚宅、知人宅、職場なども避難先の選択肢になりえます。

避難の方法を確認しておきましょう

自家用車での避難は、緊急自動車の通行を妨げるとともに、交通渋滞を引き起こしますのでやめましょう。どうしても自家用車で避難したい場合は、さらに早めの避難開始が必要です。

早めの避難を心がけましょう

身の危険を感じたら、避難情報の発令を待たずに自主的に避難を開始してください。一刻を争う事態ですので、避難のタイミングを逃してはいけません。

ご近所に声をかけましょう

単独での避難は、思わぬ事態にあった時に危険です。避難する前に隣近所に声をかけ、集団での避難を心がけましょう。

 

更新日:2017年03月23日